« シンプル・ディンプル | トップページ | スターティング・グリッド »

2007年3月 7日 (水)

スタートアップ

Startup

さあ、本当に始めます。コーヒーの旅。

とりあえず行ってまいりました。珈琲工房HORIGUCHIさん、狛江店。
豆を手に入れなければ話になるまいということで。
初めは、もうインスピレーションで選んで、そこから世界征服(笑)です。
買ったのはアフリカの2種。そして帰りに1杯頂いてきました。
もちろん、淹れ方の観察も忘れずに。
飲んできたのはブラジル(マカウバデシーマ農園)。
と、ここで味を説明したいところですけど、難しすぎる。しかも、比較対象もない。
味に対するボキャブラリーも、もちろんありません。。
舌は十分に感じることは出来ているとは思いますが、もどかしいですね。
早くも挫折か、この企画…、とりあえず次は買ってきた豆でも紹介してみます。

もちろん豆のままで買って来ましたので、
ミルが無いウチでは、このままでは飲めない。
というわけで、ビックカメラでミルを手に入れて帰ってまいりました。

|

« シンプル・ディンプル | トップページ | スターティング・グリッド »

コメント

お、堀口さん。狛江は行ったこと無いんですよねぇ……世田谷に行ってしまうので。
ちなみに僕も、堀口さんとこの豆を使っています。本当に素晴らしいニュークロップを仕入れてくれます(この分野ではトップでしょうね、エイジドやブレンドは別として)。
堀口さんの弟子みたいな人のところが、煎りが巧いので、そこで買っているのです(生豆は堀口さんとこのものなのです)。
アフリカ2種……んー、ケニアとタンザニアでしょうか。
もしくは、コアにエチオピアをチョイスとか?
更新楽しみにしてます(笑)。

マカウバデシーマのブラジルはかなり優秀ですよ。今度堀口さんでないところで、ブラジルを飲んでみるとその優秀さが分かると思います。
ただ、コカリベ農協というところのほうが、僕としては好きなんですがね。……あー、マニアでかつ長々と発言すいません(笑)。

投稿: circus | 2007年3月 7日 (水) 22時31分

>circusさん
マニアなお話はどんどんお願いします(笑)。
狛江の方が行きやすいもので狛江に行って見ました。
もちろんBRUTUSで知ったのですけど、
ホームページ見てもこれは良いところに違いないと思って。
「煎りが巧い」堀口さんの弟子のお店…うーんマニアックです。
とにかく、ここからいろんなものを飲んでみるしかないなという思いです。
とりあえず、買ってきた豆を淹れて飲んでみましたが、
徐々に比較が出来上がっていく手ごたえはありますし。

買ってきた豆はですね、タンザニアについてはブラックバーンを待ってみようと思ったので、
あとは、お察しの通り(笑)、根がコアなものを求める性格なのでしょうね。
マカウバデシーマ、美味しかったです。
駅に歩く間も、余韻がグルグル回ってました。

投稿: MusT | 2007年3月 7日 (水) 23時55分

僕も珈琲大好きです!


地方在住なのですがw、東京行ったら銀座の「ランブル」は必ず足を運びます。

味も最高ながら、あの雰囲気が堪りませぬ…。

もしかしてまだ行ったことがないようでしたら、是非一度…☆

投稿: 7 | 2007年3月14日 (水) 23時38分

>7さん
ランブル行った事はありませんが、
かなり気になってます。熟成豆なんでしたかね?

コーヒーネタがまだまだ溜まっています。
もはやコーヒーブログ状態になりそうな予感です、このブログ(笑)。

投稿: MusT | 2007年3月15日 (木) 13時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シンプル・ディンプル | トップページ | スターティング・グリッド »