« ピレネーで決まる | トップページ | もしかすると次代を担う »

2007年7月24日 (火)

泣き、笑い、泣き、笑う。

Vino

日付変わって昨日の記事で、もう沈んでしまったと書いたヴィノクロフ。
先ほど終わった難関ステージを制しました。

不運にも不出場に終わった昨年のツール、ブエルタを怒りの圧勝で制し、
本命の期待を背負って満を持した今年。
序盤でまさかの落車、両膝、肘あわせて15針縫うケガを負いました。
(原因はチェーンが落ちたことによるペダルロック→自爆だそう)
交通事故なみのケガですね…。

傷がふさがらないまま辛そうにペダルを漕いでいたアルプスを何とか越えて、
先日の個人タイムトライアルで、圧倒的なタイムで復活。
「私はカザフスタン人だ。ヨーロッパ人なら、もうとっくにリタイアしてるだろうね。」
「これで!」と思わせてくれました。が・・・・、
次の日、ピレネー初日の登りで完全に遅れをとってしまう。
30分以上の絶望的な遅れ、「昨日は精神的に…」と今日のインタビューでは
言ってましたが、やっぱり故障の影響でしょう。ポディウムでも脚を引きずってましたし。
もうこれで、パリの平坦かTTくらいしか考えられる出番はないだろうなと思いました。

しかし、今日。序盤から積極的に逃げに加わり、最後の登りでアタック。
ここまでのいろいろな気持ちが滲み出るような表情でゴールラインを越えました。
ちょっと感動的なシーン。
依然、総合争いでは圏外ですが、”不屈の男”ヴィノクロフ劇場はどういうかたちで
締めらくくられるのでしょうか。
「私はポディウム(表彰台)をあきらめたわけではないよ。」

|

« ピレネーで決まる | トップページ | もしかすると次代を担う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピレネーで決まる | トップページ | もしかすると次代を担う »