« 泣き、笑い、泣き、笑う。 | トップページ | リフレッシュ »

2007年7月24日 (火)

もしかすると次代を担う

Uspostal

今日は休息日。
パリで誰がマイヨジョーヌを着るか、がほぼ明らかになるステージを前に、
レースはお休みです。23日間にもおよぶレースのなかで、たった2日の休息日。

昨日のレース、ヴィノクロフがゴールへと山を下るころ、メインの集団からは
ラスムッセンとコンタドールが抜け出していました。
速いイーブンペースの登りが得意なラスムッセンは、
コンタドールの激しい揺さぶりに苦戦。インターバルを挟んだ、
猛烈なアタックを何度となく試みました。”守る”ラスムッセンは初めて見ましたが、
それなりに、何とか対応したな、という印象。
頂上ゴ-ルだったらいくらかタイムを失ったのではないでしょうか。

やはり鮮烈だったのはコンタドール。
直前でバッソを失ったディスカバリー・チームですが、ここへ来て目立ちまくり。
パンクしてタイムを失ったステージが、すこし悔やまれますが、
凄まじい破壊力をみせてくれます。TTもそこそこ走れるし、とにかく攻撃的。
ランスについて回って2位を固めたバッソとは違い、魅力的な攻撃的姿勢。
勝ったプラトードベイユはランスやパンターニが勝った伝説の峠。
厳しいプレッシャーを受けるエースという立場で、どういう走りが最初からできるかは
全く未知数、前年の成績も時としてアテにならないのがツール・ド・フランス。
しかしながら、まだ24歳と若い、白いジャージのスペイン人は、
もしかすると、一時代を築くような選手になるポテンシャルを秘めていると思いました。
来年を待つまでもなく、今年勝ってしまう可能性も十分に。

ラスムッセンの気になるこのニュース(AFP)が、せっかくの好レースに
水を差すことが無いことを願いつつ、明日の直接対決を楽しみに待ちます。

|

« 泣き、笑い、泣き、笑う。 | トップページ | リフレッシュ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 泣き、笑い、泣き、笑う。 | トップページ | リフレッシュ »