« ショーツの波 | トップページ | Cheeza再評価 »

2008年5月17日 (土)

スリッポン追加、再び

Plusslip

VANSのスリッポンは絶えず常備しているスニーカーですが、
2年前くらいに買ってから、大事に酷使(?)してきたJUNYAのスリッポン。
ジャックパーセルの再構築モデルですが、本当に素晴らしい出来でした。
履きまくっては、洗い。今回で4回目の洗濯です。
「もう捨てたら?」という冷えた目を背中に感じながらも、タワシでゴシゴシ。
今回は背水の陣と決めていたので、ダメになっても仕方なしと腹をくくって、
カラーハイター漬けにしてみました。丁寧にすすいで(これをしないと黄色くなります)
嘘のように蘇らせてみせました。これで、まだこの夏は履ける。
満足のいく仕上がりです。写真はボカしていますが、結構白い。ハイター様々。

ただ・・・、白くなったとはいえ、ラバーなどの傷みは明白。
ヒールカップの内側も破れています。もう酷使はできません。
そこで、PLUSのスリッポン。VANSばっかりじゃ面白くないですしね。
「VANSよりはしっかりできていますよ」の声も、背中を押して、購入に至ります。
スッキリしててややロングノーズ。気分は変わります。
何といっても、スリッポンは履きやすい、便利。これも酷使決定です。

今回は見送ったVANSのスリッポンですが、UA別注で出てきたらおそらくは2足買い。
ハイトップ、ERAと来たら、もちろん次はスリッポン(もちろんエナメル)で。
(マウンテンエディションを挟んで方向性が変わらないことを祈ります)

前々から思っていたのですが、Aldenのエナメル・ローファーなんて不可能でしょうか。
モディファイドラスト(これも無理か?)、エナメルで不格好なローファーなんてあったら、
資金調達に私財を投げ打ってまで買うのに。

|

« ショーツの波 | トップページ | Cheeza再評価 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ショーツの波 | トップページ | Cheeza再評価 »