« しわしわショルダー | トップページ | 父のエゴは2足目へ »

2008年9月12日 (金)

エナメル、スリッポン、オールデン

Alden1

スニーカーで何度も言っていますが、私は毎日がスリッポン・フェアです。
そして、エナメルが大好物。エナメルスニーカーもかなりの在庫を誇ります。
革靴はさすがに紐靴が多いですが、ここ数年のうちに買ったものと言えば、
スニーカーと変わらぬ使い方のできるオールデンのストレートチップ。
同じくモディファイドラストのパテントプレーントゥを手をかけながら、
ジャコメッティのローファー(エナメル)を試着してみたり・・・。
スーツをあまり着ないとはいえ、革靴をそろそろ履きたい気分が沸々と。

しかし、その迷いを吹き飛ばすものに出会ってしまったのです。
UA別注のAldenのタッセルローファー。DSTで出会うなら当たり前ですが
UAで出会うとは思ってもみなかったので、一瞬Aldenとは気付かなかった。
スニーカー的に履ける革靴。そしてスリッポン。
タッセルというもの良いし、完全に予算外の買い物に躊躇しながらも、
悩みに悩んで、やっぱり買いました。仕方がない(何が?)。
Districtでこれが置いてあったら、それこそ瞬殺のような気がします。
その点では、ゆっくり買えて助かった(笑)。

Alden2←履く前の画像を用意していたのですが、
履いたあとの画像のほうが風合いが伝わるかと思い
採用してみました。 履いたことのない、細そうな
Aberdeenラスト、パテントという素材も手伝って、
靴ズレに怯えて、いたのですが全くの杞憂。いらぬ心配でした。

靴ズレどころか、足に(負担として)当たる部分が全くない。
モディファイドの快適さとは違うけれど、これはこれで良い履き心地。
さすがオールデン。ついついこればかり履いてしまいそうです。
今回はUA別注のこのモデル、過去にはラコタでもやっていたらしい。
全く知りませんでしたが、再発売に感謝です。

|

« しわしわショルダー | トップページ | 父のエゴは2足目へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しわしわショルダー | トップページ | 父のエゴは2足目へ »