« クリングスありき | トップページ | トニックウォーター »

2009年7月19日 (日)

山のもの、空から来る

Haglofsvision

ちょっと山っぽいところへ行く機会も増えると予想され、
「どうなっても良い」スニーカーがほしいかもと思っていたのです。
水場で浸水したり、泥だらけになることを厭わない靴。
御殿場のアウトレットで、リバデルチのグレーが安くなっているのを
迷った挙句に珍しく買うのを止め、考え直して出た結論は、
「もっと本格的に機能的なものを買おう」でした。

MERRELLなどを見つつ、目にとまったHAGLOFS
靴があるなんて、よく知らなかったのですが、とても良さそう。
しかし、高い。とんでもなく高い。今までに買ったスニーカーの
中では、M1700UKに次ぐ史上2位の高値。
いくらなんでも、1万円くらいしか予算は割いていませんでしたし、
しかも、どこも在庫は薄いらしく、オンラインも完売続出。。

で、あればと、お得意の個人輸入(死語?)へ検索開始です。
ようやく見つけたイギリスの店。振り返ると苦労しなくても、
ホグロフス本国サイトから、オンラインディーラーを探せばOKだったのです。
そうすれば、ある程度の信頼も置けますしね。

結局買ったのは、そのお店でSaleになっていた先代モデルの
Vision 2というモデル、ゴアテックスにビブラムソール。
ソフトシェルの素材感、好きな感じのハイテク感です。何より色が良い。
相当に水にも強そうですし、気兼ねなく履けそうです。
実はこれ、ツイードのパンツに合わせたりすることも考えていましたし、
平地で大活躍する可能性も高くて、結局は「どうなっても良い」もの
ではなくなってしまいました。

|

« クリングスありき | トップページ | トニックウォーター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリングスありき | トップページ | トニックウォーター »