« cinquième,Arashiro | トップページ | 山のもの、空から来る »

2009年7月13日 (月)

クリングスありき

Oliverpeoples

今回こそは、クリングス(金具)のノーズパッドのあるメガネを買おうと
心に決めていました。鼻のメガネがかかる部分の骨が細いらしく、
鼻盛りを直しても、どうしても限界があります。
軽いかけ心地を目指すには、あの細い金具が必須だと思われます。

似合うかどうかは「?」と思いながらブローを第一候補に
していたのですが、正直微妙な感じ。Oliver Peoplesのブローが、
クラシック過ぎず、良いかと思っていたのですが、やっぱり
スーツ着るようなときの方がしっくりくる雰囲気、断念。

ノーズパッド最優先とはいっても、メタルはもっと似合わないので、
これは保留かな、と諦めかけたところへ、あるじゃないですか。
Oliver Peoplesのシンプルなセルのモデル。
掛け心地が軽くて非常に良いです。ノーズパッド、バンザイ!

服には結構毎シーズンお金をかけるくせして、メガネって
あまり買いません。本当は、もっと沢山欲しいですけどね。
安いので数を揃えることも考えないでもないですが、
セルフレームって結構、見た目にわかってしまう気がするんです、
生地感の良し悪しが。どうしても良いものが欲しいので、
臨時収入の時ばかりですが、一軍戦力が4本と充実してきました。

すっかり気に入って、張り切ってかけているわけですが、
「今までかけていたメガネのなかで、一番安メガネっぽい」とか
「今日、お疲れですが?目が腫れてません?」とか・・・、
コメントいただきまして、これはもう、かけている人間の問題(笑)
メガネ自体は間違いなく良いです。セルフレームに同じような
かけ心地の問題をお抱えでしたら、100%オススメします。

このモデルは、Fairfaxですが、他にもあるみたいですね。

|

« cinquième,Arashiro | トップページ | 山のもの、空から来る »

コメント

はじめまして

ご使用のメガネですがフロント(前枠)の反りが気になります。
購入したお店で修正してもらった方がいいと思います。
その反り角度だと視力矯正が正しく出来ないでしょう。

それとテンプルの広がりも修正が必要なように感じます。
もしも、その広がり方で顔に合ってるとしたら、そもそもこのフレーム自体が貴殿の顔の骨格に合っていない可能性も否めません。

一度、信頼のおける専門店で相談してください。

投稿: jun | 2009年7月21日 (火) 10時35分

>junさま

はじめまして。

フロントの反り、実物を見ると気にならないんですがね〜。
カメラのレンズのディストーションのせいでしょうか。
見え方自体は、特に問題ないように思えますし、
視力も他の眼鏡と同じように問題なく出ていますよ。疲れ等を感じることもありません。

テンプルの広がりは、確かにあります。
多少は、私の骨格にあっていないことも考えられるでしょう。
しかし、かけたい眼鏡が必ずしも完璧に骨格に合うとは限りませんし、
難しいですね、眼鏡選びは・・・。
この眼鏡は、少なくとも私の所有している眼鏡の中では、
負担が少なくかけられているものだと思います。

もし何か問題があれば、お店に相談してみますね。

投稿: must | 2009年7月27日 (月) 23時42分

おひさしぶりです

職場が変わってなかなか時間が取れなくなってしまい
今になってしまいました
オリバー良いですね

この前オリバーの人としゃべっていて新しいフレームも見てみたくなりました

新しい職場でも自分の好きな商品を少しづつですがいれることが出来るようになってきたのですが・・・

まだまだ前のようにはいかなくて


とりあえず報告まで

また見せてもらいます

では

(通常のフレームもクリングス付に直せますよ)

投稿: 元gv | 2009年12月11日 (金) 03時41分

元gvさま、お久しぶりですね。

新しい職場、ぜひまた頑張ってくださいね!
また商品紹介ができるようなブログを拝見できるといいのですが、
そんな機会があれば、また教えてください。
でも、物欲を刺激されてしまうのも困りものなのですが 笑

クリングスを取り付けるのを薦められたこともあるのですが、
後付け用のものって雰囲気の良いものが無く、
なかなか納得できる仕上がりになるか不安で、
結局は付けたことがありませんでした。
とってつけた感じになるのも嫌で、元からのデザインも壊したくない・・・、
わがままですね! 笑

投稿: must | 2009年12月13日 (日) 13時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« cinquième,Arashiro | トップページ | 山のもの、空から来る »